植物のある暮らしを楽しみながら、ココロとカラダを育み、自然を守っていく


atelier kiki のコンセプトは、「植物のある暮らしを楽しむ」こと。

 

 

植物は身の回りにたくさんありますが、その中でも、「身近な」植物にフォーカスしています。

atelier kiki の考える身近な植物とは、手を伸ばせば届くようなイメージの植物。

 

どんな植物だったら、手が届くでしょうか。

 

育てている植物、という方もいることでしょう。

野山に自生している植物、という方もいれば、商品化されて簡単に購入できるもの、という方もいるでしょう。

 

自分がアクセスしやすいと思えるのであれば、どんな植物だっていいと思っています。

 

目の前にあって、簡単にアクセスできる植物たちを、もっともっと、楽しみながら暮らしに取り入れ活用していけたら、私たちはもっと豊かに暮らしていけるのではないでしょうか。

 

 

私たちは、色んな役割を担って、誰かの事を考えて毎日を過ごしています。

 

たまには「誰かのために」をちょっと横に置いておいて、「誰かのために」でもいいから、その時間は自分自身が思う存分楽しんで使う、そんな自分のための時間があってもいいんじゃないかと思っています。

 

それは、

 

お庭に出て花を眺めること

お花を摘んで部屋に飾ること

 

お気に入りの香りを嗅いでみること

1杯のハーブティを飲んでみること

 

植物の香りに包まれながら、心や体のメンテナンスをしていくこと

 

たとえばそんな時間をもつことで、暮らしの楽しみを増やしていく。

そういう時間により自分自身を見つめ、素の自分、ニュートラルな自分に戻る。 

 

背負っているものをリセットしていくことで、毎日がより楽しくなるのではないか、明日への活力が湧いてくるのではないか、そんな風に思っています。

 

 

オーナーセラピストは、植物が大好きです。

 

植物を様々に取り入れた暮らしを続けていますが、正体は面倒くさがり屋でズボラで飽き性。

それでも20年以上、植物を取り入れる暮らしを続けられています。

 

手軽で心地よく実践できるからこそ、続けられているような気がします。

そして、実践していていいなという感覚が伴うから、続けられているような気がします。

 

そんな心地良さを、多くの人と共感できたらと立ち上げられたのが atelier kiki です。

 

長年植物と触れ合い、自然療法を実践して本当に良いと思うからこそ、興味を持たれた方には安全に楽しく実践していってほしいという願いがあります。

 

各種講座では、実践に繋げていくための知識を惜しみなくシェアしながら、サロンワークでは、植物の力をふんだんに取り入れながら、 皆さんと植物の楽しさを分かち合いたいと思っています。