こんな風に、お過ごしいただきます


1.お迎え

 

atelier kiki へようこそ。

サロンルームにご案内いたします。

玄関の真ん前がサロンルームです。

 

2.お着替え、ヒアリング


フットバスで温まりながらお話をうかがい、トリートメントへと移ります。
当日のご気分や体調にご希望など、お聞かせください。

  • ボディトリートメントの方
    ガウンにお着替えいただいてからフットバスとなります。
    ガウンの下はご自身のショーツ1枚になり、アクセサリーや時計など、身に付けてこられたものは全て外していただきます。
  • ドライヘッドスパの方
    お着替えなしでそのまま、あるいは、上半身だけガウンにお着替えいただいてからフットバスとなります。
    デコルテと首肩まわりは、ご希望によりオイルの使用・不使用をお選びいただけます。
  • リフレクソロジーの方
    靴下を脱いで足元を膝まで出した状態でフットバスとなります。
    ストッキングやタイツを着用されているなど、お着替えが必要な方にはショートパンツをご用意いたします。
  • よもぎ蒸しをお選びいただいている場合
    よもぎ蒸しマントにお着替えいただいてからフットバスとなります。
    マントの下は、ショーツを含め、お召し物やアクセサリーなど、身に付けてこられたものは全て外していただきます。
    生理中の方はショーツを履いたままフットバスにお入りください。ショーツはよもぎ蒸しの開始直前に外していただきます。

3.トリートメント

ご予約いただいたコース内容でトリートメントを開始いたします。

メニュー表記の時間はこのトリートメントのみの時間となり、他の時間は含まれません。

 

よもぎ蒸しをお選びの方は、ご持参いただいたバスタオルをセラピストにお手渡しくださいませ。バスタオルをお身体にかけさせていただきます。

 

フェイシャルやボディのトリートメント時は、髪にオイルがつかないように、頭をタオルで覆います。腰部のトリートメント時は、ショーツにオイルがつかないようショーツにタオルを軽く挟み、しっかりトリートメントさせていただけるようショーツを少し下げます。生理中などでショーツを下げたくない場合は、お知らせくださいませ。寒くないように、トリートメントをする部位以外が露出しないように、タオルで体を覆いながらトリートメントを進めてまいります。お部屋の温度や、何か不快に感じられること、力加減、ティッシュがご入用なときなど、どうぞご遠慮なくセラピストにお知らせください。

 

4.クールダウン

 

お疲れさまでした、トリートメント終了後の心地良い時間をお楽しみください

 

セラピストは席を外しますので、ご自身のペースでゆっくりとお着替えをしておくつろぎください。トリートメント前のお話やトリートメント中のご様子からオススメのハーブティブレンドをご提案いたしますので、ご試飲くださいませ。

 

5.お見送り

 

玄関までお見送りさせていただきます。お気をつけてお帰りくださいませ。

 

今日はいつもより少し多めに水分をお摂りくださいね。血液循環が促されていますので、老廃物も全身を循環しやすい状態となっています。水分を多めに摂ることで、しっかりと排出していきましょう。

 

ありがとうございました。またのお越しをお待ちいたしております。